リサイクルショップの定義と魅力

リサイクルショップの定義

近年の経済状況を表すように、一般の小売店が営業努力にもかかわらず、売上成績の不振で店舗の縮小や閉鎖という決断をする中で、リサイクルショップの店舗数や売上高は軒並み、好調な成績を示しています。

 

リサイクルショップで取り扱う商品は、電化製品、衣類や靴、オフィス用あるいは自宅用の家具や備品、雑貨など、いずれも中古の商品です。
ここでは、骨董品や古銭や切手、書籍などは含まず、これらを取り使う店舗をリサイクルショップと呼ばないのが普通です。

 

リサイクルショップを開業するには、古物営業法に従い、営業所の所在地を管轄する警察署(防犯係)に、古物商許可申請の手続きを行ない、許認可を受ける必要があります。

 

リサイクルショップの魅力は、中古品と言えども、新品同様の物も多く、掘り出し物もあり、価格も新品定価よりも格安である点から、多くの消費者の支持を獲得しています。

 

中古品の仕入の多くは一般の消費者から買い取った商品です。つまり、消費者にとっても、不要な物を買い取ってくれるので、重宝されるわけです。

 

但し、一般消費者からの買取だけでは、都合良く商品の品揃えを充実させることが難しいため、経営者はフリーマーケットを探しまわったり、オークションに参加するなどでニーズのある商品を集める経営努力が必要になります。

現代のリサイクルショップに求められること

新品が安く変えるような現代、リサイクルショップに求められる内容はひと昔とは違っています。
主に一度使用されたものを買い取るシステムを採用していますが、アンティークが流行になれば存在感を増していくものとして捉えられているのです。

 

さらに人気の商品はブログ等でも紹介され、インターネットオークションで取引されるような様相も見せ始めています。リサイクルショップの一部がオークションに出展していることもあり、お客となる層は全国区へ発展しているのです。

 

お店で取り扱っている商品を全面的にアピールする最大のチャンスにもなっていることから、こういった動きは今後も継続していくものであると見られています。

 

一方でリサイクルという考えが若い世代に浸透している点も見ていく必要があり、多少古くても長い期間使用が可能な「作りがしっかりしている」という条件に関心が注がれているのです。
ひと昔の商品であれば類似品を探すことも難しくなるため、価値観も自然と上がっていきます。リサイクルショップで取り扱っている商品の多くは一点ものであることから、消費者としては素早い決断というものも重要な意味を成します。